食事で改善|うつは食事で改善あるいは予防しましょう

頭を抱える人

うつの前兆

うつはいきなり発症するのではなく、前兆があります。その前兆は体調不良という形で様々なサインを発しており、そのサインを無視した結果、うつを発症するリスクは高くなってしまいます。

食事による脳の影響

ハートを持つ人

うつと体の異常

一度うつを発症してしまうと、暫くの間は無気力になり、ちょっとしたことで怒りっぽくなってしまい、そのことが原因でまたふさぎ込んでしまうという負の連鎖が続きます。このふさぎ込むという状態が、実はうつをより悪化させているのです。うつというのは、詳しい原因は未だに不明ですが、ストレスが影響している可能性が極めて高いとされています。そのため、ストレスが溜まれば溜まるほど症状が悪化しやすくなってしまいます。この悪循環を解決するために、睡眠や食事などで、体の調子をもとに戻し、うつを解消していきます。睡眠と食事は非常に重要な要素です。睡眠はストレス解消の方法の中でも最も解消できるものであり、食事で栄養を摂取することで体の機能を回復させ、体調をもとに戻すことができるのです。しかし、うつになると食事も睡眠もおぼつかなくなることが多いです。うつを発症すると、不眠症に陥っていることが多く、眠れたとしても非常に質の悪い睡眠であり、体の疲れが取れないことは多いです。食事の方も同様であり、うつを発症すると味覚障害が発生していることが多く、味を感じない、または不味く感じやすくなってしまいます。これら2つを解決することで、うつの症状は緩和できます。

うつの予防と改善のために

うつの症状を改善させるためには、食事の見直しから始めましょう。食事の見直しで重要なのは、食事の栄養素です。例えば、味覚障害を治すのであれば亜鉛の摂取を重視することで改善しやすくなるというのをご存知でしょうか。亜鉛は細胞の新陳代謝に大きく影響している栄養素です。摂取することで舌の細胞の新陳代謝を促し、抗うつ剤やストレスでダメージを受けた舌を治療してくれます。亜鉛が多く含まれている食材は、牡蠣や豚レバー、卵黄が当てはまります。しかし、味覚変化によって食べるのが辛い場合はサプリメントで代用しましょう。次に、不眠症を改善するための食材です。不眠症は心を落ち着け、感情のブレーキを司る神経伝達物質であるセロトニンを増やす必要があります。このセロトニンはトリプトファンと呼ばれるアミノ酸を摂取することで分泌されやすくなります。そんなトリプトファンが多く含まれている食材は、牛乳やヨーグルトといった乳製品やカツオやマグロといったお魚に含まれています。また、アーモンドやピーナッツといったナッツ類にも含まれており、こちらはお手軽に摂取しやすいです。これらを普段から摂取していれば、うつ病予防にもつながります。なお、うつ病の改善のために食事をしようとすると、味覚障害により食欲がわきにくくなってしまいます。そんな時はサプリメントで補うのも有効です。しかし、サプリメントよりも食事で栄養を摂取したほうが脳に良い影響をあたえるため、味覚障害が徐々に改善し始めたと感じるならば、徐々に食事の量を増やしていきましょう。

男女

診断の方法

うつ病になっていないか不安の場合は、診断を行ってチェックしましょう。無料で診断するのも良いですが、心療内科で診てもらうことで改善のためのアドバイスをもらうことができます。

男性

再発予防のために

うつ病からなんとかもとの生活を送れるまで回復した場合、再び再発させないように気をつけなければなりません。再発防止で重要なのはストレスフリーであり、なおかつストレス発散が難しくない日常を送ることです。

ハートと聴診器

睡眠の重要性

うつ病の改善または予防で重要になるのが睡眠です。普段からきちんと睡眠を取っていることで鬱になるリスクは大幅に下がるといわれています。その理由は、睡眠はストレスを最も発散させる方法だからです。

ウーマン

人との付き合い方

自分ではなく、家族や友人がうつになった時、気をつけるべきはその人との付き合い方です。間違ったアドバイスや接し方は症状をより悪化させる恐れがあり、自身もうつになってしまう可能性があります。