食事で改善|うつは食事で改善あるいは予防しましょう

再発予防のために

男性

うつは再発の可能性があります

うつが治り、もとの生活を送れる方になっても完治ではなく寛解とされる原因は、一度うつを発症すると、再発のリスクが高くなるからです。日常生活において、何らかの要因でふいに再発し、再び治療生活に戻ってしまったという例は多く、完治は極めて難しいとされています。そのため、再発はできるだけ防がなければなりません。そんなうつを防ぐための鍵は、日常生活の過ごし方にありますストレスの多い生活を送っているのはもちろん、不摂生による不健康な生活もまたうつの再発を助長することになってしまいます。しかし、ガチガチにストレスフリーな生活にするというのも逆効果です。生活に面倒が生じてストレスが悪化してしまうこともあるからです。まずは無理のない程度に改善し、徐々に変えていきましょう。

運動が大事

日常生活でうつの再発を防ぐのに役立つのは、運動です。運動をすることによって、体はうつに強い状態になっていきます。体を動かすことにより、血液が脳に送られ、酸素や栄養が脳にいきわたりやすくなります。そうすることで脳波がより活発になり、神経伝達物質の分泌量が増えます。神経伝達物質は、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどがあり、感情の抑制機能の増加やストレスの軽減、多幸感など様々なプラスの要素が産まれます。その結果、うつの再発予防につながります。ここで注意したいのは、自分の体力ではきついハードな運動をするとかえってストレスになってしまうということです。大事なのは若干の余裕を持って運動をすることであり、「まだ余裕がある」と思うところで運動をストップすることです。そうすることで運動に対するモチベーションを維持しやすくなります。うつから立ち直った後はしばらくふさぎ込んでいたので体の機能が弱っていることが多いですが、こうやって運動することで体の機能を回復させることもできます。また、運動をする時は日光が当たる時間帯に行なうことを推奨します。日光を浴びることで神経伝達物質であるセロトニンが分泌されやすくなる外、そのセロトニンが夜にはメラトニンという快眠のために必要な物質になるのでぐっすり眠れるようになります。