食事で改善|うつは食事で改善あるいは予防しましょう

うつの前兆

頭を抱える人

うつのサイン

うつは、急に頭が痛くなったり、お腹が痛くなったりといったことはなく、慢性的に体が異常のサインを発します。このサインは微弱なものであり、大抵の人は「多少疲れているのかな」程度にしか感じないことが多いです。しかし、この症状は蓄積するため、ただの疲れだとたかをくくっていると、症状が体を蝕み、最終的に深刻な事態に陥ってしまいます。そして、最終的にうつになってしまいます。うつは、一度発症すると年単位での治療時間がかかりますが、発症前に改善することで日常生活に何ら影響することなく直すことができます。そのため、体の異常チェックは極めて重要であり、初期段階の内に治療することで一ヶ月以内にうつの前兆を解消できます。うつになりやすい傾向の人の特徴として、我慢強く、自分ひとりで解決しようとする人が当てはまります。こういった人は多少の疲れ程度なら気に求めないため、密かにうつが進行してしまうからです。

前兆を見逃さない

うつを発症する前兆にどんなものがあるのかみていきましょう。まず、睡眠障害です。なかなか寝付けなかったり、朝早くに目覚めてしまったりと睡眠に関して普段よりも眠りの質が落ちてしまっている状態です。実はこの睡眠障害は非常に恐ろしい状態であり、睡眠障害が発症することにより体の疲労とストレスが蓄積しやすくなってしまい、うつになりやすくなってしまうのです。そして、ストレスが溜まることでイライラがたまり始め、些細な事で怒りやすくなったり、普段気にも留めないことに苛立ちを感じてしまいます。これはうつを発症したときにも起きる現象であり、感情障害といいます。本来、人は脳内神経伝達物質によって感情をコントロールしており、苛立ちや悲しみはある程度ブレーキがかかります。しかし、感情障害はそういったブレーキが一切かからないため、些細な事でも起こってしまうのです。そして、落ち込むといったネガティブな感情にもブレーキがかからないため、長く落ち込んでしまいます。集中力が散漫になり、本が読めなくなるというのも隠れた症状の一つです。本を読んでいるのに頭に内容が入ってこなかったり、じっと読むのが苦痛に感じるほど辛いと感じることが多くなったら注意が必要です。こういった前兆があり、もし不安ならば病院などで相談をしましょう。早期発見早期改善が、うつ病予防において最も大事なのです。